女性

レーザー治療でにきび跡を消す~早めの治療でお肌を改善~

肌の凹凸を消したい

女性

肌の凹凸はクレーターとも呼ばれていますが、にきびが原因であることが多いものです。にきびは、皮膚についた脂分や細菌が溜まったところが炎症を起こしたものです。そのままにしておいて悪化しますと、皮膚の奥の方まで影響が及び、結果的に皮膚の表面の活発な新陳代謝だけでは修復が進まずに、クレーター状の凹凸が残ります。このようなクレーター跡は、皮膚の新陳代謝を活発にして、自然に治れば良いのですが、皮膚の奥深くまで損傷している場合には、自然に治るとしてもかなり時間がかかります。このようなクレーター後の治療法は、コラーゲンやプラセンタなどが配合された薬あるいは化粧品などを塗って新陳代謝を促進する方法や、クリニックなどでレーザーをあててもらって、一旦皮膚を傷めて、その修復過程できれいにする方法などがあります。

レーザーでの治療には、フラクショナルレーザーと呼ばれているレーザーを使う方法があります。これは、レーザー光で皮膚に小さい穴をあけて傷つけることで、体内のコラーゲンが増えるという反応を利用して、皮膚の再生過程でクレーターを消します。なお、フラクショナルレーザーといっても何種類もありますので、治療をうけるクリニックによって多少の違いはあります。ところで、同じレーザーを使ったクレーター治療でも、レーザーのエネルギーなどの違いによって効果とダウンタイムが異なります。ダウンタイムとは、施術をうけてから回復するまでの時間です。一般にダウンタイムの短い治療では、施術回数を多くすることでじっくり治します。逆にダウンタイムの長い治療では、即効性を重視します。